認定研修・公開型研修

認定スクラムマスター研修(2024/7/24-26、オンライン)

本研修の概要

本研修は講義、テキストを含め、全編日本語にて実施いたします。

本研修は認定資格取得に必要なすべてのカリキュラムを含んでいます。研修終了後、講師が適正と判断した参加者には、認定スクラムマスター(CSM)の認定資格試験を受ける機会が与えられます。この試験に合格することで、Scrum Allianceから認定資格が付与されます。

参加費用にはScrum Allianceの認定料および認定試験受験料金が含まれており、不合格の場合でも追加費用なしで再度1回受験できます。それ以上の受験については追加で25ドル必要です。

本研修では全時間の参加および研修への主体的な参加が必須です。途中での一定時間の退席(会議等)や、ワークショップへの不参加については認定資格試験の受験を認めないことがあります。なお、その場合でも返金等はいたしません。 主体的な取り組みが必要であることを理解頂いた上でお申込みください。

講師紹介

原田 騎郎

アジャイルコーチ、ドメインモデラ、サプライチェーンコンサルタント。外資系消費財メーカーの研究開発を経て、2004年よりスクラムによる開発を実践。ソフトウェアのユーザーの業務、ソフトウェア開発・運用の業務の両方を、より楽に安全にする改善に取り組んでいる。Scrum Alliance認定スクラムトレーナー(CST)

永瀬 美穂

受託開発の現場でソフトウェアエンジニア、プロジェクトマネージャーとしての経験を重ね、2009年よりアジャイル開発の実践および組織マネジメントを行う。2013年より、産業技術大学院大学などで非常勤講師を歴任しプロジェクト型学習にアジャイル開発を導入。社会人・学生問わず、いきいきしたチーム作りを支援。Scrum Alliance認定スクラムプロフェショナル(CSP)。筑波大学、琉球大学非常勤講師。一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会理事。一般社団法人アジャイルPBL振興会理事。

開催概要

コース名認定スクラムマスター研修
主催株式会社アトラクタ
開催日時2024年7月24日(水) 13:00 〜 7月26日(金) ※12:00 半日→1日→半日です。過去の開催と開始時間が異なります。ご注意ください。
7月24日(水) 13:00-18:00
7月25日(木) 09:00-16:00
7月26日(金) 09:00-12:00
開催場所本研修はオンラインにて開催します。各種接続先情報についてはお申し込み後にお知らせします。
講師原田騎郎 (Certified Scrum Trainer (CST)、株式会社アトラクタ CEO)
永瀬美穂 (Certified Scrum Professional (CSP)、株式会社アトラクタCBO)
定員24名(最小催行人数:10人)
  • 最小催行人数に満たないと思われる場合は、開催を取りやめる場合があります。その際は事務手数料含めて全額返金いたします。
  • 公開型研修の性質上、1社あたりの参加人数は最大4名といたします。それ以上のお申込みを頂いた場合、お申込みの取り消しまたは別開催日への振り替えとなります。
  • アジャイル開発に関するビジネスを担当されている方(事業開発、研修運営、研修講師など)は、参加をお断りする場合があります(費用をお支払い済の場合は返金いたします)。本研修は実践者、今後実践を予定されている方向けに学習目的で提供するものです。なにとぞ趣旨をご理解いただきますようお願いいたします。
その他

費用

お申込み内容金額
1名220,000円 (消費税10%込み)

お支払方法は銀行振り込みとなります。

  • お申込み後すぐにメールをお送りします。
  • 請求書は上記メールに添付でお送りいたしますので、指定期日までにお支払いください。
  • メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダ等をご確認の上お問い合わせください。
  • お振込期限はお申込み時期によって異なりますが、原則として、(1) 研修お申込み日の翌月末 (2) 研修開催日前日 を比較して早い日がお振込期限になります。 例:開催日が2024年7月24日の場合 (a) 申込日 2024年5月31日まで => お振込期限 翌月末 (b) 申込日 2024年6月1日〜2024年7月23日 => お振込期限 2024年7月23日
  • お振込期限の延長については手数料が発生します。
  • 入金確認のご連絡はいたしません。確認が必要なお客様はお振込後にご連絡ください。
  • 請求書等の紙媒体の郵送が必要な場合、もしくは口座登録などで押印付き書類作成が必要となる場合(郵送の如何に関わりません)は、別途事務手数料として、1件あたり11,000円(消費税10%込み)を頂戴いたしますのでご了承ください。

キャンセルポリシー

  • お申込みをキャンセルされる場合は、お手数ですが早めにお知らせください。弊社のキャンセル受付連絡のメールをもってキャンセル完了となります。ご連絡がない場合でも自動キャンセルとはなりませんのでご注意ください。
  • お支払い完了後のキャンセルや返金はお受けいたしかねます。ご自身が参加できない場合代理の方にご参加いただいて構いません。
  • お支払いが未完了でキャンセルの場合、開催30日前からキャンセルフィー50%、開催14日前からキャンセルフィー100%となります。

参加にあたって必要な環境

本研修の受講者は以下のような環境が必要です。なお、ツールのインストールや設定等に関する質問は弊社では対応出来ませんので、各種ツールの提供元にお問い合わせください。

  • WindowsまたはMacが動作するパソコン
    • メモリ8GB以上(16GB以上を推奨)
    • マイク必須
      • 発言時にはマイクが周囲の音を拾いますので個室や自宅からの参加をお願いします
      • オフィスの自席などは避けてください
      • 周囲の音声を拾ってしまう場所から参加される場合は、マイク感度のテストを事前に済ませてください
    • カメラは必須ではありません(会議ツールでの顔出し有無については参加者ご自身の判断となります)
    • iPad、Androidタブレット、スマートフォンのみでの参加はできません。サブ環境としてはご利用いただけます)
    • ディスプレイが複数あるとより快適にご参加いただけます
  • Chrome、Firefox、Safari、Edgeのいずれかのブラウザ(IEは避けてください)
  • Zoomクライアント(最新版に更新しておいてください)
  • Zoom(ビデオ会議ツール)や各種ツールの利用に十分なネットワーク環境
    • VPNの利用は極力避けてください
    • モバイルルーターやテザリングを利用される場合、速度制限を受けないよう容量が十分残っていることをご確認ください
    • Zoom、Slack、MuralまたはMiro、Google Documentsなどを利用します。これらの利用が制限されていないネットワークからご参加ください

お客様の声

株式会社アトラクタの認定スクラムマスター研修に参加された方の声を紹介します。

  • 「スクラムの知識はもちろん、研修中に各会社での悩みが共有できる環境が整えられており、満足感が高かったです」
  • 「これまでもスクラムのフレームワークを用いた開発を実践してきていましたが、既に実践している者にとっても再認識の場として非常に良いと感じました」
  • 「体系的にスクラムが学べ、また講師の豊富な知識や経験談に基づくQAが非常に参考になりました」
  • 「何年も我流で進めていたことが本研修で本質的な部分にふれることができました。スクラムを始める前に本研修を受けたかたったと思いました」
  • 「表面的なスクラムの実施方法やルールをインプットする研修ではなく、スクラムによって提供したい価値を伝えることに重きを置いた研修だったと感じました。独自で書籍などを用いて単純な実施方法は学べるため、研修でしか得られない価値があったと思います」
  • 「ワークショップと講義を通して、スクラムの理念や手法を学ぶことができました。講師陣のサポート体制も手厚く、質問に対してすぐに回答をいただけたので、その場で疑問が解決できました」

よくある質問

認定スクラムマスター研修とは何ですか?

Scrum Allianceが発行する認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster / CSM)資格を取得するための研修です。Scrum Allianceはスクラムに関する認定資格の発行団体として最も歴史があり資格取得者が多い団体です。

詳細については、Scrum Allianceのページを参照してください。


費用の支払い方法はどうなりますか?

研修受講費用のお支払は銀行振り込みとなります。振込先口座情報は請求書をご確認ください。なお振込手数料はお客様にてご負担をお願いします。

お振込期限はお申込み時期によって異なりますが、原則として、(1) 研修お申込み日の翌月末 (2) 研修開催日前日 を比較して早い日がお振込期限になります。

例:開催日が2023年11月29日の場合

申込日 2023年9月30日まで => お振込期限 2023年10月31日

申込日 2023年10月1日〜2023年11月28日 => お振込期限 2023年11月28日


請求書の郵送はできますか?

弊社では請求書の原本はPDFとしておりますが、請求書の郵送が必要な場合には有償(税込み11,000円)にて対応いたします。お申込みの際に「請求書の郵送を希望する」のチェックボックスにチェックを入れて郵送先住所をお知らせください。


口座登録や各種書類の提出などのプロセスへの対応は可能ですか?

お客様の社内規定等で、弊社から各種書類の提出が必要となる場合はできる限りお申込時にお知らせください。費用については以下のとおりです。

  • (1) 口座登録(新規に取引を行うにあたって当社に関する情報を入力する)
    • 電子的な対応のみで完結するものについては、無償にて対応いたします
    • 各種書類等の郵送が必要な場合は、有償(税込み11,000円)にて対応いたします
    • 押印付き書類の作成が必要な場合は、郵送の如何に関わらず有償(税込み11,000円)にて対応いたします
  • (2) サステナビリティなどのガイドラインの準拠表明書の作成や提出
    • 媒体の如何に関わらず有償(税込み33,000円~。内容精査の上お見積りいたします)にて対応いたします
  • (3) 各種チェックリストや報告書の作成や提出(個人情報の取り扱い、個人情報の抹消の証明など)
    • 媒体の如何に関わらず有償(税込み33,000円~。内容精査の上お見積りいたします)にて対応いたします

領収書は発行できますか?

領収書はPDFにて発行可能です。研修受講費用の支払後に窓口までご連絡ください。お申込時にご依頼頂いても対応できませんので予めご了承ください。


申込後のキャンセルや返金はできますか?

お支払い完了後のキャンセルや返金はお受けいたしかねます。ご自身が参加できない場合代理の方にご参加いただくようご調整ください。

お支払いが未完了でキャンセルの場合、開催30日前からキャンセルフィー50%、開催14日前からキャンセルフィー100%となります。キャンセルの場合はメールにて早めにご連絡をお願いします。弊社のキャンセル受付の返信をもってキャンセル完了とし、当該日をキャンセル日といたします。


参加者を変更することはできますか?

お申込後、お支払後に参加できなくなった場合は、参加者を変更いただけます。

その場合は、変更後の参加者のお名前、お名前(アルファベット)、メールアドレスを窓口までご連絡ください。なお領収書等の再発行はいたしませんのでご了承ください。


研修を部分的に欠席してもよいですか?

Scrum Allianceの規定により全時間の参加が必要です。その場にいるだけ(オンラインの場合はビデオ会議ツールに接続しているだけ)では参加と認められない場合があります。所用等による途中退出をした場合など全時間の参加が確認できない場合は、認定試験の受験を認めないことがあります。この場合も、受講費の返金はいたしません。研修当日は他の会議や予定等を入れないようにしてください。


認定試験はどのようなものですか?

認定試験はオンラインで行われます。研修受講後、ご自身の都合の良いタイミングで受験してください。License Agreementに同意頂いたのちに受験となります。問題数は50問(日本語も選択可能です)で制限時間は60分です。37問以上の正答で合格となります。合格すると認定証が発行されます。残念ながら不合格の場合、もう一回無料で受験できます。それ以上の再試験については、一回あたりUS$25が必要です。

その他詳細については、研修終了後にScrum Allianceから送信されるメールを参照してください。