本トレーニングの概要

Scrum(スクラム)は竹内弘高氏、野中郁二郎氏が1986年にハーバードビジネスレビュー誌にて発表した「New New ProductDevelopment Game」を元にしてジェフ・サザーランド氏らが考案したアジャイル開発手法の1つで、近年アジャイルな開発の手法として日本国内においても急速に採用事例が増えています。

一方でコーチや経験者の指導のないままに表面的なプラクティスを導入し、結果としてあまりうまくいかないというケースも良く聞くようになりました。 本トレーニングではこれからスクラムを導入して開発を行うことを検討されている方もしくはトレーニングを受けないままにスクラムチームに参加されている方を対象に、スクラムの基礎トレーニングを提供いたします。

アジャイル開発は本を読んだだけで理解し実践できるものではありません。 本トレーニングでは講義に加えて、実際にさまざまなワークショップに取り組んでいただきながらスクラムに必要な要素を体験し習得いただくことを目指しています。

本トレーニングのゴール

  • アジャイル開発の本質的な価値を理解する
  • アジャイル開発とウォーターフォールの違いを理解する
  • スクラムで定義されている活動や成果物を理解する
  • アジャイル開発で必要とされる自己組織化やマインドセットを理解する

対象者

  • スクラムによるアジャイルな開発に興味を持っており導入の検討をされている方もしくは既にスクラムチームに参加されている方(管理職、マネージャ、開発者、デザイナーなど)で、体系的なトレーニングの受講をされたことが無い方
  • アジャイル開発やスクラムの基本を学びたい方

タイムテーブル例

タイムテーブルは一例となります。ご要望に応じて開始時間の変更(午前9時など)や内容のカスタマイズをいたしますのでご相談ください。

  • 10:00-10:20 前説・チーム分け
  • 10:20-11:00 アジャイル開発の基礎
  • 11:00-12:30 アジャイル開発体験ワークショップ
  • 12:30-13:30 昼食休憩
  • 13:30-14:50 スクラム全体の流れ
  • 14:50-16:00 スクラムチーム
  • 16:00-17:10 プロダクトバックログ
  • 17:10-18:00 質疑応答

費用

コース1日コース
費用(外税)60万円
所要時間7〜8時間
最大人数40人程度まで
その他受講者限りでトレーニング資料を電子媒体にて提供、一定期間Q&A対応
  • 全国各地にてご提供いたします
  • 遠方については別途交通費・宿泊費が発生する場合があります
  • 休日の開催も承ります
  • 本体価格のほかに別途消費税がかかります
  • その他ご調整に応じますのでお気軽にお問い合わせください

サービス紹介資料

教材イメージ

実施可能日

トレーニングの実施日の候補は以下のとおりです。その他の実施日についてはご相談ください。なお、以下で実施可能となっている場合でも、同時のお申込み等でご希望に添えない場合もあります。あらかじめご了承ください。

参加者の声

  • 認定スクラムマスター研修に3,4年前に参加しました、そして、自分の状況も変わったので、再発見・学習の為にと参加させていただきました。 端的に言ってしまうと、1日の研修なのにかなりの再発見があったなぁと感じました。認定スクラムマスター研修は2日もしくは3日ですが、今回のは1日の開催なのにも関わらず、かなり中身があるものと感じました。コスパはめちゃくちゃ良いと思います。
  • 研修冒頭のチーム分け、特に休憩時間の決定方法が斬新で興味深く受講することができました。丸一日の講義で、普段使わない部分の頭を使い疲労も感じましたが、飽きずに聞くことができました。講師の皆さんが前から横から後ろからどんどんコメントされていく掛け合いも楽しめました。 また、わずかな時間でしたが、他社の方の状況を伺うことができたこともよかったです。
  • スクラムの断片的な方法論は知っていましたが、そこに根ざすマインドをよく理解することが出来ました。なぜスクラムがあのような形式であるのかが、腹落ちしました。
  • 今まで今回のようなセミナー/ワークショップを受けたことがない状態で、試行錯誤しながら実践していましたが、Scrumに関して正しく理解できていなかった点などがしっかり整理できてとても良かったです。また、講演中に差し込まれる講師の皆さんのティップス的な話に参考になる話が多く良かったです。 小さな会社なので、現状2名のチームで作業していることや、いろいろな条件で原則どおりには進められないケースの方が多いですが、今回のセミナーを参考に改善を続けたいと思います。
  • 〇〇のような状態にある個人・チームに、△△のような事をしたら、その後どうなりますか? という、アクションがどんな事実を引き起こすのか?というところに終始注目してご説明いただけた事が、大きな納得につながりました。
  • 本やオンラインで見聞きして知っているはずの情報も、いざ自分自身で体験してみるとまったく頭に入っておらず、実践の大切さを実感した一日でした。 質疑応答も、とても質の高い回答を頂き、スクラムへの理解が深まりました。
SCRUM BOOT CAMPについて問い合わせる

現場レベル向けからマネジメントレベルまで幅広いサービスを用意